Home  >デカール自作第3弾 フェアリー ファイアフライMk.5(エアフィックス 1/72)> 特集 液冷> 2019年11月号

特集 液冷

 デカール自作第3弾
フェアリー ファイアフライMk.5(エアフィックス 1/72)

by口博通 Hiromichi Taguchi



 ファイアフライ(Fairey Firefly )は、「火のついたハエ」ではなくホタルの意味だが、イギリスのフェアリー社が開発し、イギリス海軍の艦隊航空隊などで運用された複座艦上戦闘機である。Mk.5はグリフォン74エンジン(2,245hp)を装備し、第2次大戦後 就役している。
1/72モデルではフロッグMk1とエアフィックスMK5の古いキットがあり、その後スペシャルホビーからMk.4が、またSMERからMk.1が発売されているが、現在のSMERのキットが旧フロッグ金型ではないかと推測される。

エアフィックスMk5 箱 絵


 エアフィックスのキットは1960年代の金型なので部品点数は少なく、形状の修正などという邪心を抱かなければすぐに組みあがる。主翼が展張状態と折りたたみ状態のコンバーチブルになっているため、分割されており、各部の隙間、段違いもあり、瞬間接着剤をパテ替わりに使って丁寧に整形しておく。この辺は古いキットゆえ、さくっとは行かず、思ったよりも手がかかる。
 塗装は下面 スカイ、上面 エキストラダークシーグレーの塗り分けだが、エアブラシ吹き付けでは綺麗には仕上がるが単調になってしまう。それで、気流の方向に塗面タッチをつけたく、面相筆による筆塗でMrカラーを用いて塗り分けた。デカール貼り後、艶消しクリアを吹いて保護したら、その筆のタッチも見えなくなってしまい、残念だった。



 デカールは下写真のように黄ばみが進みとても使えそうになかった。
白黒のストライプはマスキングして塗装し、国籍マークは他キットからほぼ同じ大きさのものを流用すればなんとかなる。
しかし、機番202と部隊マークKはどうにもならないので、デカールを自作することにした。


デカールの自作

 手順は9月号のカワサキ ヒューズ H-500(タミヤ 1/48) と同様である。
1)まず、スキャナーでデータ化する。もっとも解像度の高い1200dpiでスキャンした。
2)次に画像加工ソフトで 文字以外の箇所の黄ばみを消す。
 具体的にはデカール余白部を「ペイントカン」ツールでホワイトに塗る。(画像上のホワイトはプリンターでは透明となるので)
 文字の黒色も黄ばんでいるので、「ペイントカン」ツールでブラックに塗ってくとよい。

文字以外の箇所の黄ばみを消す


3)その次に印刷のためにドローソフトに 先ほど作った画像を取り込み、取り込んだ画像を拡大縮小して 原寸で印刷できるようにする。
下は 筆者が使っている「Inkscape」というフリーのドローソフトの編集画面である。

とりこんだ画像の拡大縮小の具体的な方法は

上の画像の例では1200dpiで横1529dot,縦1193dotとなっている。
横 1529÷1200=1.27インチ
縦 1193÷1200=0.995インチ
となるので、入力ボックス右端をin(インチ尺)を選び、幅ボックスに1.27 ,高さボックスに0.995 と入力すれば完了となる。



4)そして、このドローソフトからインクジェットプリンターでデカール用紙に印刷する。これで、デカール用紙に原寸で印刷できたことになる。
(家庭用インクジェットプリンターで印刷できる自作デカール専用用紙が売られている。アマゾン通販でHIQPARTSというメーカーから発売されている透明ベース(製品名 INKJ-T04CL-05 880)を使った。A4サイズが5枚入って950円だった。)
(5) 水に溶けるインクジェットなので、印刷後、「クリアーコーティング」が必ず必要となる。
デカール用紙の注意事項を良く読んで、2日くらいインクをしっかり乾燥させた後に 模型用ラッカークリアー「GSIクレオス「スーパークリア」、ガイアカラー「EXクリア」)などをエアブラシで注意深く吹き付ける。完成した自作デカールは 切り抜いて、水につければ、普通のキットデカールと同じように使用可能となる。

印刷した自作デカール


完成

 機銃はしんちゅうパイプで、着艦フックはシンチュウ線で置きかえている。キャノピーは「ピカール」で磨いて取り付けた。フラップを下し、爆弾を下げれば 完成!!
 
 デカール自作が自分で気軽に出来るようになれば、作りたいとは思いつつもデカールの入手が出来ないと製作をあきらめていた古いキットも容易に完成ができるようになる。古いキットのストックをかかえたモデラーには、ぜひお奨めのテクニックだ。
 完成すると、2200馬力越えのグリフォンを装備した液冷機なので、機首のスタイルはムスタングのように流れるようなラインになっている。しかし、前部キャノピー形状が無骨で美意識が欠けており残念。
 複座戦闘機フェアリーファイアフライは大馬力エンジンを装備した割にはやっと速度500km少し越えた程度で 戦闘機に比べると速度も運動性も劣った。そのため、対戦闘機戦闘任務には全く使えず、偵察もしくは爆弾を搭載した地上攻撃任務や対艦哨戒が主となっている。実質的には艦上攻撃機(アタッカー)として運用されたようである。





  Home>デカール自作第3弾 フェアリー ファイアフライMk.5(エアフィックス 1/72)> 特集 液冷> 2019年11月号
Vol.135  2019 November.     www.webmodelers.com /Office webmodelers all right reserved /
                    editor Hiromichi Taguchi 田口博通 /無断転載を禁ず/リンクフリー
「webモデラーズ について」 「広告のご出稿について」

プラモデル模型製作特集2


TOTAL PAGE


デカール自作テクニック