Home  >デカール自作第5弾 飛燕(ハセガワ 1/72)> 特集 日本大戦機> 2019年12月号

特集 日本大戦機

 デカール自作第5弾
飛燕1型丁(ハセガワ 1/72)

by口博通 Hiromichi Taguchi



 1/72飛燕は現在ではいくつかのメーカーから発売されているが、ストックにあったハセガワの1型丁を作った。
銀塗装にしたかったので、エアロのミリタリーコレクションNo.6を見ていると、1型丁で全面銀色の機体に赤のマークの入った飛行第105戦隊第2中隊機があり、その塗装にすることにした。  



下はハセガワキットの胴体と主翼の部品で、古いキットだが、非常によくまとまっている。
部品点数も少ないので、組み立ては難しくなく、さくっとすぐに形になる。



 黒銀で全面を塗装後、Mrカラーの旧色シルバーにクリアを少し混合しムラ気味にエアブラシで吹いておいた。
日の丸はマスキングテープを丸く切り抜き、赤を吹いた。

マスキングテープをコンパスカッターで丸く切り抜いたものを貼る。

赤を吹き付ける

 さて、1/72では第105戦隊のデカールはキットには含まれていないので、手描きかデカールを自作することになる。
手持ちのキットをあさった所、ハセガワ1/48飛燕のキットに第105戦隊のマーキングが収録されていることを発見、それを利用して、縮小し、デカールを自作することにした。

下はハセガワ1/48 デカール

デカールの自作

 手順は9月号のカワサキ ヒューズ H-500(タミヤ 1/48) と同様である。
1)まず、スキャナーで1/48飛燕デカールをデータ化する。もっとも解像度の高い1200dpiでスキャンする。

スキャンした第105戦隊マーク



2)次に画像加工ソフトで 文字以外の箇所の黄ばみを消す。デカールのベースに薄青の紙がつかわれているで、そこも同様。
 具体的にはデカール余白部を「ペイントカン」ツールでホワイトに塗る。(画像上でホワイトの領域がプリンターでは印刷されないので透明色となる。)
 赤のマークも若干黄ばんでいるので、「ペイントカン」ツールで好みのレッドに塗ってくとよい。
(画像加工ソフトについては、9月号のカワサキ ヒューズ H-500(タミヤ 1/48) を参照下さい)

マーク以外の領域をホワイト(プリンターでは透明色)に塗っておく


3)その次に印刷のためにドローソフトに 先ほど作った画像を取り込み、取り込んだ画像を拡大縮小して 印刷できるようにする。(ドローソフトについては、9月号のカワサキ ヒューズ H-500(タミヤ 1/48) を参照下さい)
ドローソフトにとりこんだ画像の拡大縮小の具体的な方法は

この画像の例では1200dpiで横2869dot,縦778dotとなっている。

1/48原寸では
横 2869÷1200=2.39インチ
縦 778÷1200=0.65インチ となる。

これを 1/72に縮小するためには、48/72 にすればよい。
横 2.39*48÷72=1.593
縦 0.65*48÷72=0.433
となる。

入力ボックス右端をin(インチ尺)を選び、幅ボックスに1.593 ,高さボックスに0.433 と入力すれば完了となる。

ドローソフトの編集画面


4)そして、このドローソフトからインクジェットプリンターでデカール用紙に印刷する。これで、デカール用紙に印刷できたことになる。
(家庭用インクジェットプリンターで印刷できる自作デカール専用用紙が売られている。アマゾン通販でHIQPARTSというメーカーから発売されている透明ベース(製品名 INKJ-T04CL-05 880)を使った。A4サイズが5枚入って950円だった。)
(5) 水に溶けるインクジェットなので、印刷後、「クリアーコーティング」が必ず必要となる。
デカール用紙の注意事項を良く読んで、2日くらいインクをしっかり乾燥させた後に 模型用ラッカークリアー「GSIクレオス「スーパークリア」、ガイアカラー「EXクリア」)などをエアブラシで注意深く吹き付ける。完成した自作デカールは 切り抜いて、水につければ、普通のキットデカールと同じように使用可能となる。

印刷した自作デカール

完成

 デカールを作る際についでに 機銃口の十字星マークとフムナも縮小で作っておいた。
これらの自作デカールを貼り付ければ、楽に完成。 
デカール自作が自分で気軽に出来るようになれば、作りたいとは思いつつもデカールの入手が出来ないと製作をあきらめていたマーキングも容易に完成の二文字が見えてきます。
世界が少し広がりました。





  Home>デカール自作第5弾 飛燕(ハセガワ 1/72)> 特集 日本大戦機> 2019年12月号
Vol.136  2019 December.     www.webmodelers.com /Office webmodelers all right reserved /
                    editor Hiromichi Taguchi 田口博通 /無断転載を禁ず/リンクフリー
「webモデラーズ について」 「広告のご出稿について」

プラモデル模型製作特集2


TOTAL PAGE


デカール自作テクニック