Home  > Marder 1 (Azimut Ironside 1/35 ) > 特集 ドイツ>2021年1月号

特集 ドイツ

Marder 1 (Azimut Ironside 1/35 )

  by Takafumi

 Cri.El.Modelに続き、Azimut Ironside製のマーダー 1を製作しました。



キットの内容は、プラスッチック、エッチング、アルミ、レジン等あらゆる素材の部品が付属しています。プラスチック製の部品の内、75mm砲の砲身以外の部分、戦闘室や砲架、防盾などが簡易インジェクション製らしく、バリが多く、成形に手間がかかりました。



製作の際苦労したのは、戦闘室の装甲板の組み上げでした。装甲が展開している状態の部品を、折り曲げて組むように説明書で指示されていますが、そのように組むのは不可能と判断。できたとしても角が丸まって見映えが悪いと思ったので、各面を切り離し、成形後、接着し、組み上げました。その時部品同士の合わせ目に、大きな隙間や段差が生じましたので、細い帯状のプラ板にデザインナイフの刃を立て、横に削ぐように動かし、断面を楔型に成型したものを詰め込み、ラッカー溶剤を面相筆で流し込み、接着しました。乾燥後、紙やすりを四角い木片に貼り付けたものを使用して、面出しをしました。



エッチングパーツやアルミ製の砲身などの金属製の部品を接着するのに瞬間接着剤とエポキシ系接着剤を使用しています。レジン製のトランスミッションの部品が付属していますが、運転席のハッチを閉めた状態にしたので、今回使用してません。

戦闘室内部はCri.El.Modelのキットを参考に無線機とラックを作ったのですが、Cri.El.Modelのキットの記事で記した理由から写真は撮ってません。



塗装はCri.El.Modelとは趣を変え、ジャーマングレーを基本にし、ダークイエロー、レッドブラウン、オリーブグリーンで迷彩塗装を施しました。使用した塗料や、塗装の手順は、Cri.El.Modelのものと同じですが、今回は、部品の大部分がプラスチック製なので、プラサフを吹きつける時、プラスチックの部品を溶かさぬように注意しました。


  Home>Marder 1 (Azimut Ironside 1/35 ) > 特集 ドイツ>2021年1月号
Vol.149 2021 January.   www.webmodelers.com /Office webmodelers all right reserved /  
         editor Hiromichi Taguchi 田口博通 /無断転載を禁ず  リンクフリー
「webモデラーズ について」 「広告のご出稿について」

プラモデル模型製作特集1

TOTAL PAGE