Home  > Lockheed/Martin F-16C Fighting Falcon Block30 (ハセガワ 1/48)> 特集 ハセガワ 1/48>2024年5月号

特集 ハセガワ 1/48

Lockheed/Martin F-16C Fighting Falcon Block30
(ハセガワ 1/48)

  by nananiya72 鏡の中の蜃気楼
●Wisconsin ANG 115thFW F-16C 50th Anniversary
●Alabama ANG 160th FS F-16C  City of Tuskegee



●米ウィスコンシン州の第115戦闘航空団が50周年を迎えた際に、それを記念してスペシャル塗装が施されました。
本機は第176戦闘飛行隊所属の機体で垂直尾翼を真っ赤に塗りつぶし、で大きなイラストを描いた派手なマーキングです。
尾翼の絵柄はANGの象徴であるミニットマンを絵柄にしています。1分で現役に就けるという民兵(女性ですが)です
ウィスコンシン州のカタチで星条旗をトリミングした秀逸なデザインになっています。





 例によって、㈱ハセガワのキットデカールは、購入時すでに黄ばんでおりメインの絵柄は使い物にならないのでは・・・・と思い、
病院帰りに立ち寄った神田の模型店で、折よくそのものズバリのデカールを入手できましたので、それを使っています。
しかし、㈱ハセガワは大きな錯誤を起こしていて、ブロック30で、F-110エンジンのエキゾーストを別パーツとして追加したまでは良かったのですが、インテークをブロック30の初期まで使われた丸い小さなインテークのままでシリアルナンバーからしても正しくないパーツのキットでした。
 これに気付いたのが、完成後・・・・・・・ご立腹はなはだしいままに、コーションなどを揃えるため、同じキットを再度購入し、さらにインテークを適合させるために、部品請求でビックマウスを取り寄せたうえで、再作成しています。
正しくないキットは、別のデカールを調達して別の部隊の機体に化けさせました。
㈱ハセガワのリサーチ能力の不足なのか無知なのか堂々とスペシャルマーキングとして通常品より高額で売っているのに、この有様・・・・・・ちょっと調べれば分ることなのに・・・・・



まぁこれだけではなく、機体の細かいところのモールドも正しくはない(少しは修正しています)・・・というのが実情です。
キットが2001年発売らしいので、それ以前の1994年?頃のスペシャルマーキングです。


武装はロックアイクラスター弾6発とし、翼端にはAIM-120 外舷パイロンにAIM-9L AN/AAQ-13航法ポッドを搭載しました。
F-16CJのこのバージョンで、レーザー誘導爆弾やGPS誘導爆弾などが使えるかどうか不明なので、やや控え目に。。


●アラバマ州空軍「160FS」が2006年、第2次大戦中にアラバマ州で誕生した黒人パイロット部隊に敬意を称し、垂直尾翼を赤く塗装した「シティ オブ タスキギー (City of Tuskegee)」の特別塗装機です。


 これは、㈱ハセガワのスペシャルマーキング品ではなく、通常品に別売りデカールで対応していますので、箱絵がこの塗装で㈱ハセガワデカールのものが、ウィスコンシンANGと同様の部品間違いをしているかどうかは、確認できていませんので、入手している方はご確認ください・・・・・インテークは大きい(丸くなく口角が上がっているタイプ)ほうです。。
第2次大戦中、アメリカ陸軍航空隊は、アラバマ州タスキギー大学内において黒人パイロットの養成を始めます、
その選抜と訓練はたいへん厳しく、白人搭乗員以上の選抜があり、優秀なパイロットを養成したといわれています。





 訓練を終了した黒人パイロットたちは、北アフリカ戦線に送られ「99FS」を編成、戦闘任務につくことになりました。
そして、このパイロットたちは発祥地にちなんで「タスキギー エアメン (Tuskegee Airmen)」と呼ばれるようになります。
P-40、P51、P-47などを機材とし、特にテールを赤く塗ったP-51は有名です。  B-17やB-24の護衛任務での働きは素晴らしく、「レッドテール エンジェル」と呼ばれ、爆撃機乗りから感謝されていたそうです。
先年、これを扱った映画がありましたが、日本では公開されていたのでしょうか・・・・・

ちなみに、尾翼の絵柄は大戦中の使用機の、P-40、P-51、B-25のイラストが入っています。


武装は右翼はクラスター爆弾2発装備 左翼はマーベリック2発装備といたしました。
その他の吊るしものとしては、翼端にはAIM-120 
外舷パイロンにAIM-9L センターにAN/ALQ-184 ECM Pod 
インテーク左舷にAN/AAQ-13航法ポッドと ほぼフル装備(全部実弾塗装・・ww)にしてみました。



※ウィスコンシンANGのスペシャルマーキングの1/72はカルトデカールであるという情報がありますが、1/48はそうではない・・・・・・1/72がカルトデカールがホントなら なぜだ!!㈱ハセガワ!!


  Home>Lockheed/Martin F-16C Fighting Falcon Block30 (ハセガワ 1/48)> 特集 ハセガワ 1/48>2024年5月号
Vol.189 2024 May.   www.webmodelers.com /Office webmodelers all right reserved /  
         editor Hiromichi Taguchi 田口博通 /無断転載を禁ず  リンクフリー
「webモデラーズ について」 「広告のご出稿について」

プラモデル模型製作特集1

TOTAL PAGE