Home  > カーチスR3C-2(1/32フルスクラッチ紙模型)<フルスクラッチビルド&ソリッドモデル<2024年6月号

フルスクラッチビルド & ソリッドモデルの製作

カーチスR3C-2(1/32フルスクラッチ紙模型)

  by TOSHI

 紅の豚でポルコのライバル「カーチス」の乗機「カーチスR3C-0」の元ネタの「カーチスR3C-2」の1/32模型を厚手のコピー用紙を主な材料に作りました。劇中ではラジエターや主翼の形状等が変更されていますが、ポルコのサボイアS-21よりは元ネタの雰囲気が残っています。




1925年のシュナイダーカップにはカーチスR3C-2は3機エントリーしJ・ドューリトル機が優勝し、マッキM.33は機体の不調もあって3位という結果でした。これ以降マッキ社は飛行艇から水上機へ基本型を変更しています。


270gsmのコピー用紙を3枚積層した厚紙で胴体のフレームを組みます。


下地を貼ってペーパかけします。削りすぎて穴が開いても問題ありません。


更に外被を貼り付けて胴体が完成しました。


フロートや主翼等を作って全体の組み立てに備えます。組み立て時はステンレス針金で軸打ちしています。


実機と同じく張線を施すことで全体の剛性が保たれます。


陸上機型の「カーチスR3C-1」と同じく尾ソリが付いているのが面白いですね。


スピード優先のレーサー機とはいえ前方視界は悪そうです。









これで5年前から作り始めた「フルスクラッチ紙模型」が39作完成しました。
7月号に投稿予定の40作目は「ハンザブランデンブルグCC」です。
紅の豚のラストの回想シーンでマッキM.5と一緒に昇天する姿が印象的でした。


  Home>カーチスR3C-2(1/32フルスクラッチ紙模型)<フルスクラッチビルド&ソリッドモデル<2024年6月号
Vol.190 2024 June.   www.webmodelers.com /Office webmodelers all right reserved /  
           editor Hiromichi Taguchi 田口博通 /無断転載を禁ず  リンクフリー
「webモデラーズ について」 「広告のご出稿について」
 

プラモデル模型製作記事

TOTAL PAGE