Home  > A-7D コルセアⅡ (タカラ・レベル 1/72)> 飛行機プラモデル製作>2024年7月号


A-7D コルセアⅡ (タカラ・レベル 1/72)

  by 加藤 寛之



 Webモデラーズ誌の今月の特集に「温故知新」がある。それならばと思って、このキットを選んだ。たぶん海軍用のA型のキットが元で、それを空軍のD型的にしたのが、この製品。購入品はタカラ製で、透けるようなクリーム色のプラだった。
 温故知新に相当するかは不明だが、ワーク発行『おっ助け写真長』Vol.1が「A-7Eコルセア-Ⅱ」で、これのキット紹介に「全体のイメージは・・・一番しぶいんじゃないかな」「雰囲気はすばらしかった」と高く評価してある。作ってその評価を確かめたいとは思ったが、キットを持っていてもその気になれなかった。パーツはモヤッとしてシャープさが感じられない。全パーツにバリやクタクタがあって整形が必要。給油口はA型のプローブのまま。動翼類まで凸線。これをマトモに完成させる自信がなかった。じゃあ今回、自信がついたのかというと、そうではない。「まあ、いいんじゃないの」「このまま作ればいいんだ」「プラモデルだからね」と思える許容力がアップしたからだ・・・と、いうことで、そのまま作った。


 コックピットに計器盤や操縦桿はなく、床というのかエアインテークパーツの上に椅子をのせるだけの構造。後部は板で塞ぐだけ。エアインテークの下側と合わせて導管を形成し、それを機首に組み込む。発売ころの時代的には「組み込めます」といった精度だが、今日的感覚ではガタガタ。床を兼ねるエアインテークの上パーツの両脇には隙間ができた。これは熱で伸ばしたランナーでその隙間を塞いだ。コックピット周りは、色指定に関係なく、黒っぽく塗ってオシマイにした。見せたい再現度ではないし、これで充分。
胴体後部はあらかじめ排気口パーツを組み込む構造だったので、胴体内に押さえ板を入れて排気口パーツをあとから挿入できるようにした。
 これで胴体左右を接着できる。・・・と、思ったとおり左右で面が合わずにガタガタ。接着剤が固まってからガタガタを半分くらいに削り、残りはパテで均した。


 主翼は背中と一体の内翼と左右下面、外翼は折り畳み状態に組めるように別パーツになっている一枚モノで全5パーツ。私は展開状態で接着した。内翼と外翼は、まあ合うが、後縁はスッキリしない。これは整形して、まっすぐに見えるように誤魔化す。
この主翼の組みものを胴体にのせる。このキットの時代的に、まあ合う。胴体背部に生じた段差と隙間は熱で伸ばしたランナーを使って大雑把に埋め、大雑把に削ってからパテで均してOKとした。
水平尾翼は多少の調整でOK。
風防を仮置きしてみる。背部に薄いプラ板を入れて左右を揃える程度で、まあ、OK。
翼下武装は全て使わず、パイロンだけにした。武装をなるべく装備しないのは、私の好み。じゃあ、燃料タンクは?・・・ガタガタだったので使いませんでした。
脚周り。この時代ならば充分な出来でOK。



 残るは、塗装。いわゆるベトナム迷彩で、似たような色で塗った。雲形はキットの塗装図を参考にした。私にとってのベトナム迷彩は、同機種でも塗り位置はだいたい同じといった程度で、しかも汚く褪色も酷かったという印象がある。だから私は、色はテキトウでよく、汚いことが重要なのだ。
上側面をダークグリーンで塗りつぶす。次に塗装図にそってオリーブグリーンとタンを塗る。どれも、しっかりとは塗らず、プラ色や下の色が透ける程度でOKとする。充分に乾いたら、2000番のサンドペーパーで表面を擦って、下地の色を感じるように、特に動翼の凸線部分にダークグリーンを出すことで、明瞭にする。細部の色はほぼ指示がないので、テキトウに塗った。下面の白はキット素材に似た濁った白にして簡単に済ませ、さらにパネルラインを汚してみた。
 デカールはキットのもので、ちゃんと使えた。2つ選択のなかから簡単な方にした。貼る手間がイヤだっただけ。最後に半光沢のスプレーをかけて艶をあわせた。

 完成。なるほど、全体の感じがイイ。「雰囲気はすばらしかった」との評価に納得した。難点も多くお薦めとは言いにくいが、A型が入手できたら私は作ると思うな。



  Home> A-7D コルセアⅡ (タカラ・レベル 1/72)> 飛行機プラモデル製作>2024年7月号
Vol.191 2024 July.   www.webmodelers.com /Office webmodelers all right reserved /  
           editor Hiromichi Taguchi 田口博通 /無断転載を禁ず  リンクフリー
「webモデラーズ について」 「広告のご出稿について」
 

プラモデル模型製作記事

TOTAL PAGE